血尿 尿路結石 『バランスの良い食事方法について』

尿路結石を予防する為のバランスの良い食事

まずは、食事の改善から

 尿路結石症は、再発しやすい病気です。一度治療して取り除いたからといって安心してはいけません。病気を根本から予防する必要があります。原因の1つとして、食事の乱れがあります。まずは、ここから改善してみましょう。また、メタボリックシンドロームの予防にもなります。

 

 

積極的にとりたい食品は以下の通りです。

野菜・・・キャベツ、ピーマン、ニンジンなど
海藻類・・・ワカメなど
大豆製品・・・豆腐、とうもろこし
乳製品・・・牛乳、チーズ
魚類・小魚

 

 肉よりも、魚の方が良いとされています。(肉が悪いわけではありません。)
野菜に含まれる食物繊維や、ワカメなどの海草に含まれるマグネシウムは、結石が出来るのを抑えてくれます。小魚などのカルシウムも、結石が出来にくくしてくれます。

 

尿はアルカリの方が結石が出にくくなります。

尿をアルカリ化するもの

野菜や海藻類、果物

尿を酸性化するもの

肉、魚、卵

 

尿の酸性化は結石が出来やすくなるので、あまり多く食べるのは良くありません。

 

バランスの良い食事とは?

 

 食べ物を色分けすると、赤・黄色・青の三種類に分けることが出来ます。一度の食事で、この三種類が含まれていれば、バランスの良い食事とされています。

 

3食に色分けすると、下のようになります。
赤の食品 ⇒たんぱく質を多く含む食品

肉、卵、魚、豆腐、牛乳など

黄色の食品 ⇒糖質、脂肪を含む食品

ご飯、食パン、マヨネーズなど

青の食品 ⇒ビタミン、ミネラルを含んだ食品

野菜、果物、ワカメなど

 

1日3食

 尿路結石を気にしなければ別にいいのですが、規則正しく1日、朝・昼・夜の3食が再発予防になります。一番ダメなのは、食べた後にすぐに寝ることです。結石が出来やすくなるばかりか、肥満の原因にもなります。

バランスの良い食事とは?関連ページ

治療法
再発防止と予防方法
注意したい食品
尿路結石の成分